最近気になっている職業

最近、がん研の薬剤師を目指すなんてことを漠然と考えています。私は、以前から医療関係のお仕事をしたいと思っていたのですよ。転職にも有利と聞きますし。でも、医者なんかは、お金があって、かつ頭が良くなきゃならないじゃないですか。それに、私は手先が器用じゃないから、外科医はもっと無理ですし。

看護師もありますが、男が看護師は未だに許容されていないところがある気がするし、なんか嫌なんですよね。僕も、自分が入院した時は女性の看護師に担当してもらいたいですし。

そこででてきたのが薬剤師ですよ。薬剤師は資格を取るのにお金こそ少しかかるものの、医学部ほどじゃないし、それに医学部よりも難易度が低い学校が多いので、とりあえず、スタートラインに立つことはできるんですよ。まあ、国家試験に受かるかどうかは別にして。

ただ、薬学部も、医学部ほどでないにしても、学費は高い方ですよね。6年通わないといけないですし。1千万は超えるんでしょうね。1千万かけて、薬剤師になって稼げれば良いのですが、最近は薬剤師でもあまり稼げないかもしれないなんて話も聞きますし、どうなんでしょうかね。薬剤師の求人はよく見る気がしますが。

医者は高い学費かけてなっても、大方高給取りですから、元はとれるのでしょうがね。特に外科医になって、数々の手術を成功させれば大金持ちですよ。

薬剤師は、あくまでも、患者さんに合うお薬を提供するだけですからね。実際に薬の研究などをするのは、大学の研究者や企業の研究職の方ですから。
まあ結論を書くと、高い学費でも元を取れれば良いということです。私にそれができるのかということですね。

まあ、まずはどの大学にも行けるように学力をつけることが大事なのでしょうが。
数理はできるのですが英語の問題が解けないことが多いので、まずはそこを克服しなければならないですね。